まつばら動物病院は、年中無休、夜間・救急対応いたします ペットホテルやトリミングもご利用ください。

  • facebook
  • twitter
  • ameblo
まつばら動物病院|江東区枝川の動物病院
スタッフブログ
2018年03月05日

3月 ※手術画像あり

_20180304_113843 _20180305_211046

 

 

 

3月にはいりました
暖かくなり、花粉症に悩む方はさぞつらかろうと思います スギヒノキはわたくし大丈夫です

 

 

胆嚢にドロ のお話

 

 

 

先生、胆嚢に泥は悪者ですか?


一概にそうはいえません
胆泥症のみであれば経過観察でよい可能性があります。胆嚢内に胆汁ではなく泥化したものがたまった胆泥が増えているのか、もうずっと同じくらいのまま推移しているのか、まわりの肝臓は炎症を受けているのか も大事なポイントです

 

 

先生、膵炎の治療をしていてよくなりません
慢性で治らないといわれました
そんなことありますか?


あるようなないような
そもそも膵炎は併発疾患であることもあります
基礎疾患がない場合は残念ながら治りにくい慢性膵炎かもしれません
が、エコー検査しましまか?胆嚢や胆管の評価をしましたか、と聞いています

胆嚢内に泥がある個体は一部に慢性胆嚢炎の場合があります、その場合はサイトカインなどの炎症情報が胆汁と一緒に胆管に排泄されます
胆管は十二指腸につながり、そこには膵管もつながっています。勘の鋭い方は気付きましたよね 膵管から炎症情報が膵臓併発逆流して感化したら膵炎になりえるのです
ですから胆嚢胆管に問題があるこは隠れ慢性膵炎は多くみられます

 

 

先生、胆嚢内に泥があるのはわかります
肝臓の値が正常で症状がないなら大丈夫ですよね?

 


とっても大事な質問です
半分正解です
肝臓の尾状葉や方形葉など胆嚢をつつんでいる肝臓の炎症は血液検査ではわからないことがほとんどです。人間でもそのようなケースありますよね、
さらにいうと肝臓は胆嚢からの炎症により、胆嚢とった癒着することが多々あります。そして癒着すると急性炎症→慢性炎症なわけですが
肝臓はアポとーシスして残念ながら痩せていきます。肝臓の炎症は太った肝臓とは限らないんです。痩せた肝臓は残念ながら戻らないことが多く肝機能は下がっていきます。

 

 

 

先生、手術で取るべきですか?

 


胆嚢の状態によります
急性胆嚢炎で症状があり、胆嚢が破裂するリスクあるいは炎症によりDICリスクがあるなら
うちの病院では胆嚢摘出をすすめています。
胆泥症のみ、症状なしは経過をみることも多いです
粘液嚢腫に関してはあまり記載していませんが、高齢のことがおおいため見つけたらすかさず

手術、ではなく全身状態などモニターしつつ、飼い主さまと一緒に考えていくことが多いです

 

 

 

 

さて、まつばら動物病院では働いてくれる方を募集しています。
獣医師、看護士、トリマーのかた読んでいますか^^)
宜しくお願いいたします。
実習からでも見学からでも歓迎です!
info@ma-animal.com
まつばらまで、

 

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

まつばら動物病院

住所:東京都江東区枝川3-4-9

ガーデンハウス照1階

TEL:03-6666-4745

夜間21から24時は救急対応 ※事前にお電話ください

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2017年11月25日

腫瘍認定医 エキゾチック

 

DSC_0472

 

 

次回は12/6です

前回はいきなりのウサギの麻酔処置でした

 

次回はどうなるでしょうか

 

Dr,松原に関してはこちらを

http://www.banquet-tokyo.jp/

とても勉強熱心な方です

さまざまなエキゾチックや腫瘍に関する情報を提供してくださいます

 

爬虫類

うさぎ

ふぇれっと

腫瘍

循環器

 

11時30分から16時30分まで予約可能です

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
まつばら動物病院
住所:東京都江東区枝川3-4-9
ガーデンハウス照1階
TEL:03-6666-4745
夜間21から24時は救急対応 ※事前にお電話ください
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2017年11月08日

カメのブログ①

おはようございます

 

カメ愛好家によるカメブログ

 

20160502004742af6 20160502004742ec0 2016050200474415c

 

 

 

さあ見切り発車した感が否めないこのシリーズ

 

まずはキタニシキといわれ購入したがどうみても

ミナミニシキですよねのフルアダルト雄

 

やっぱりお決まりの拒食皮下点滴を続け

強制給餌まで行かずに復活2016冬の出来事

 

皮下点滴・強制給餌は院長できます

 

 

しかし猛烈な譲ってくださいのアピールにより彼は

婿へ行きました…

 

DSC_1376

 

間違えました

 

 

DSC_0142 DSC_0177 (1)

 

新しい弟です

日本最大サイズ(当社比)

64cmです

これはスッポンですね もうよくわからないサイズですね

個人飼育してます

 

ちょっと大丈夫なのか

いきなりマニアックの度が過ぎましたか

もっとメジャーなハラガケガメやサルビンオオニオイガメなんかも飼育しています

それはまた改めて

 

 

そして本題

 

当院では爬虫類のスペシャリストを診察に呼ぶことにしました

カメはもちろん蛇や小鳥、うさぎさんフェレットまで

なんでも大丈夫です

 

president

 

本当にすごい方なんです

苗字は同じです

 

11月22日(水曜日)に初回診察です

➡ぜひ予約をお願いします

 

11時30分から16時30分まで

 

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
まつばら動物病院
住所:東京都江東区枝川3-4-9
ガーデンハウス照1階
TEL:03-6666-4745
夜間21から24時は救急対応 ※事前にお電話ください
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2017年11月03日

※エキゾチック診察 腫瘍認定医診察

11月ですね

お知らせがあります

 

 

11月22日より隔週で水曜日に

腫瘍認定医(2種)であり循環器(心臓エコー)やエキゾチックも得意とする

Dr松原(院長松原と別のまつばらです…)による診察を始めます

 

※予約制です お問い合わせ下さい

 

午前11時30分から可能です

よろしくお願いします

 

 

対象動物

・ウサギ フェレット ハリネズミなどの小動物

・鳥類全般 (猛禽類は要確認)

・爬虫類 (カメ 蛇 トカゲ 大型のモニターなどは要確認)

・犬猫さんの腫瘍疾患や循環器疾患でお困りの方

 

Dr.松原のHPはこちらです

http://www.banquet-tokyo.jp/

 

 

president

Dr,松原

エキゾチック界ではかなり有名な方です

講演や執筆など多数されている方です

 

論文など

  • 「スローロリスの血液検査基準値の検討」 2009年
  • 「ヨツユビハリネズミにみられたリンパ腫の1例」 2010年
  • 「コモンリスザル(Saimiri sciureus)の絨毛癌の1例」 2011年
  • 「トカゲ亜目におけるクリプトスポリジウム検出法の検討」 2011年
  • 「組織球肉腫または単球性白血病と診断されたフトアゴヒゲトカゲ(Pogona vitticeps)の1例」 2012年
  • 「Melanophoromaおよび胆嚢結石がみられたフトアゴヒゲトカゲ(Pogona vitticeps)の1例」 2013年
  • 「ヨツユビハリネズミ(Atelerix albiventris)の肥満細胞腫にメシル酸イマチニブを用いた1例」 2014年
  • 「ジャングルカーペットパイソン(Morelia spilota cheynei)の腺癌に胃摘出と化学療法を行った1例」 2015年
  • 「リチャードソンジリス(Urocitellus richardsonii)の紡錘形細胞肉腫に集学的治療を行った1例」 2016年
  • 「カルボプラチンが有効であったニワトリ(Gallus gallus domesticus)の卵巣腺癌の1例」 2017年
  • ポスター発表
  • 「オオムカデ科(Scolopendridae)の全身麻酔と雌雄判別法」 2014年
  • Providencia rettgeriによる敗血症がみられたフトアゴヒゲトカゲ(Pogona vitticeps)の1例」 2016年
  • 「耳道および足底部に扁平上皮癌が発生したシマリス(Tamias sibiricus)の1例」 2017年
  • 共同研究
  • 「口腔内扁平上皮癌に対してカルボプラチンの局所療法を行ったケヅメリクガメの1例」 2013年
  • 「ウサギの腎細胞癌の1例」 2014年
  • 「ヒョウモントカゲモドキのリンパ腫に対して化学療法を行った1例」 2015年
  • 「精巣に悪性黒色腫を認めたウサギの1症例」 2016年
  • 「インスリノーマに罹患しているフェレットが熱中症を起こした1例」 2017年

 

 

 

講演 セミナー

 

  • 「エキゾチックアニマルの寄生虫」 2013年8月25日 BLACK OUT! さいたまスーパーアリーナ
  • 「エキゾチックアニマルの腫瘍」 2013年11月17日 BLACK OUT! 東京
  • 「爬虫類におけるクリプトスポリジウム検出法」 2014年3月9日 BLACK OUT! 東京
  • 「エキゾチックアニマルの肝臓疾患」 2014年6月1日 BLACK OUT! 東京
  • 「エキゾチックアニマルの泌尿器疾患」 2014年6月29日 BLACK OUT! 横浜
  • 「エキゾチックアニマルの消化器疾患」 「ボールパイソンの呼吸器感染症」2014年8月24日 BLACK OUT! さいたまスーパーアリーナ
  • 「エキゾチックアニマルの呼吸器疾患」 2014年11月30日 BLACK OUT! 東京
  • 「エキゾチックアニマルの生殖器疾患」 2015年3月15日 BLACK OUT! 東京
  • 「エキゾチックアニマル症例集2015年6月14日ver.」 2015年6月14日 BLACK OUT! 東京
  • 「エキゾチックアニマル症例集2015年6月28日ver.」 2015年6月28日 BLACK OUT! 横浜
  • 「エキゾチックアニマル症例集2015年8月23日ver.」 2015年8月23日 BLACK OUT! さいたまスーパーアリーナ
  • 「エキゾチックアニマル症例集2015年10月4日ver.」 2015年10月4日 BLACK OUT! 東京
  • 「モルモット、フェレット、サバンナモニターの腫瘍症例」 2016年3月13日 BLACK OUT! 東京
  • 「血尿から疑われる疾患」 2016年6月5日 BLACK OUT! 東京
  • 「爬虫類の卵塞」 2016年8月28日 BLACK OUT! さいたまスーパーアリーナ
  • 「サル、コウモリ、トカゲの外科手術」 2016年11月13日 BLACK OUT! 東京
  • 「爬虫類の外科疾患」 2017年3月26日 BLACK OUT! 東京
  • 「エキゾチックアニマルの診療」 2017年5月20日 東京レプタイルズワールド
  • 「エキゾチックアニマルの外科」 2017年6月11日 BLACK OUT! 東京
  • 「ヘビと猛禽類の外科」 2017年8月27日 BLACK OUT! さいたまスーパーアリーナ
  • 「爬虫類の外科と硬性鏡」 2017年9月16日  BLACK OUT! 東京
  • 「爬虫類・両生類の抗がん治療」 2017年10月15日  BLACK OUT! 横浜

 

 

 

 

セカンドオピニオンや飼育相談

何もできないといわれた子 なんでもOKです

まずはお気軽にお問い合わせ下さいませ

 

 

予約可能時間は11時30分からです

TELにて確認ください

 

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
まつばら動物病院
住所:東京都江東区枝川3-4-9
ガーデンハウス照1階
TEL:03-6666-4745
夜間21から24時は救急対応 ※事前にお電話ください
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2017年10月22日

丸山ワクチン・ルペオール

お久しぶりです

最近はfacebookで更新しています

ここではお久しぶりですね

 

 

基本的に代替療法は行ってきていませんでした

 

高濃度ビタミンC点滴 / 活性化リンパ球療法 / 脂肪幹細胞

様々なものがあげられます

人医療(?)から派生応用し動物医療へ外挿します

 

当院の場合、飼い主様が調べ「やりたい」

とあればできる限り対応します

 

http://vaccine.nms.ac.jp/

 

今回は通称

「丸山ワクチン」 や http://vaccine.nms.ac.jp/

「ルペオール」 http://vth-tottori-u.jp/wp-content/uploads/2016/03/topics.vol_.46.pdf

 

を導入しました

 

 

まだまだ人医療に及ばない動物医療

毎日が勉強の連続です

 

 

 

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

まつばら動物病院

住所:東京都江東区枝川3-4-9

ガーデンハウス照1階

TEL:03-6666-4745

夜間21から24時は救急対応 ※事前にお電話ください

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

備えておくと安心!動物病院スタッフが教える豆知識

「豊洲」駅近郊で小動物の一般診療や夜間救急診療、トリミングなどを行っている「まつばら動物病院」では、飼い主様や動物たちにとって私たち獣医師が『一生のかかりつけ医』となれるよう真摯な対応と信頼関係の構築を大切にしています。
スタッフブログでは、豊洲の「まつばら動物病院」に来院した動物たちの症例や難しい病気を図や写真を用いて分かりやすく解説致します。皆様の大切な家族である動物たちが万が一の事態に巻き込まれてしまったときに役立つ対処法や情報が満載のブログとなっておりますので、もしものときに備えてチェックしておきましょう。

カテゴリー

  • 動物病院紹介
  • 診療案内
  • 診察時間・地図
  • 夜間救急診察
  • 老齢動物の介護・ケア
  • トリミング
shop_info
〒135-0051
江東区枝川3-4-9 ガーデンハウス照1階
〔 TEL 〕03-6666-4745
〔 FAX 〕03-6666-4746医院紹介はこちら